山粧う

■ MUKU-DATA 六十里越峠県境付近から田子倉湖 (10/30) 俳句なんて全くわからなくて、春は山笑う、夏は滴るで、秋は粧う、じゃ冬はと聞かれ葉も散り雪に覆われ熊など冬眠に入るので、何となく「山眠る・・」と言った…

Read More